映画を構成するにあたって、どうしても欠かせない究極的
要素は2つ。

「カメラ」と「対象」である。

カメラ」を必要としなかった映画はまず存在せず、そして
それが向けられる「対象」を必要としなかった映画もかつて
ない。

観客はこの「カメラ」を通して、「対象」を観る。

そしてその主原料の多くは、「人物(キャラクター)」であった。

その「キャラクター」が生身の人間にせよ、一匹の犬にせよ、
アニメーションの魔法使いにせよ、それら「対象」は「対象と
して存在するための要素」を強いられる。

そのひとつを「演技」と呼ぶ。
只今製作中。近日公開予定
・過去のコンテンツ・
TOPへ戻る
・刑事映画の法則
・13日の金曜日の法則